400ml献血35回目


川崎に引越しして初めての献血に4/28(日)に行ってきました。

献血ルーム

市単位なのか各拠点単位かはわかりませんが、献血ルームによって受けられるサービスが異なります。勿論、主目的は献血することなのですがゆっくり献血ルームで過ごしたりする場合、環境が充実していた方が嬉しいです。

1)飲み物
2)食べ物
3)その他

でこれまで行っていた場所とこれから行く予定の場所で比較してみました。

横浜Leaf献血ルーム

1)飲み物:◎
脱水症状起こさないように当然ではありますが押せばいくらでも無料で出てくる自動販売機は数台設置されています。種類も豊富です。

2)食べ物:◎
平日限定、午前中限定と比較的、献血に来る方が少ない時間帯にドーナツ無料プレゼントがあります。また、常時、なくなったら追加いただける簡単なお菓子(カントリーマーム等)があります。

3)その他(漫画・コーヒーマシーン・手相占いなどのイベント):◎
この献血ルームの一押しは多くの単行本があることである気がします。良いか悪いかは別として来た人が長居できる(=くつろげる)ようになっています。現在も話が進んでいるワンピースなど最新刊に近いものが常にあります。
手相などの占いは月1回ペースです。

1)飲み物:◎:横浜と同じ
脱水症状起こさないように当然ではありますが押せばいくらでも無料で出てくる自動販売機は数台設置されています。種類も豊富です。

2)食べ物:△
平日限定でドーナツが頂ける案内はありますが基本的にお菓子の配給はありません。事前の血液検査時にビスケットは貰えます。

3)その他(漫画・コーヒーマシーン・手相占いなどのイベント):△
雑誌はそれなりの数はありますが横浜Leafのように単行本の書籍はありません。ただ、手相占いなど外部を呼ぶイベントは横浜より頻度は多いことはわかりました。また、川崎フロンターレの本拠地なので川崎フロンターレゆかりの掲示物などがあります。

総評

あくまで献血することが目的ですが、献血後、体調崩しやすく献血ルームでゆっくりされる方は横浜がオススメです。手相の無料体験してみたいなど、イベント系に興味がある方は川崎の方が日程合わせやすいと思います。

今回の献血結果

昔は郵送で結果通知が主流でしたがインターネットが当たり前になったので献血後、メールにて結果の案内が届き、過去データ含めてWebで結果が見られるようになりました。

基本的に各項目の上限〜下限の枠ないの下の方に値がくる水準(ヘモグロビン濃度だけは高めの位置にきます)が私のベースの血液なのですが、今回は年始からの減量の効果もあってか血中コレステロール値が正常の下限を割り切り出しました。

何事も程々にが一番良いと思うのでストイックになりすぎないように気をつけたいと思います。

400ml*35回=14000ml (14L) の献血です。献血ルームの掲示板に感謝の手紙を時折目にするので少しは世の中の役に立っていそうで何よりです。