会津若松からの飯盛山行き方、白虎隊墓守回り方(金の御朱印あります)


会津若松のSpartan Sprintに出て、観光もしてきたのでその時の備忘録です。

会津若松駅から飯盛山への行き方

会津若松駅から飯盛山まで歩くと数キロあります。なので「あかべぇ」を使うのがおススメです。それなりの本数があるので「飯盛山下」で下車しましょう。
運賃はどれだけ乗っても1回大人210円(小人110円)です。1日フリーパスが大人600円(小人300円)でもありますが、バス乗るタイミングや観光で歩くということもあると思うので旅の用途で使い分けるとよいと思います。

飯盛山の歩き方

「飯盛山下」のバス亭を降りると、すぐ目の前に案内所があり、案内図がもらえます。この案内図通りに歩くのが一番楽かもしれません。

★注意★
現地で所々順路の標識があります。この順路の標識は下記の案内図とリンクしていないのでリンクしていると思うと迷います。標識ベースで行く場合は案内図右側のスロープコンベアの階段から登って行って本参道から戻ってくる流れになります。

飯盛山歩いてみた

私は案内図ベースで歩いたので案内図ベースだと案内図右下のあかべぇバス停から本参道まで歩きました。そして、霊牛神堂➡厳島神社➡戸ノ口堰洞穴のある戸ノ口堰水神社をまずは巡りました。

厳島神社を右に抜けると国の重要文化財でもある「さざえ堂」があります。写真の側面見るとわかりやすいのですがサザエのように渦をまいた構造になっているのが特徴です。このサザエの中には有料ですが入ることもできます。さざえ堂から右に抜けると小柄な稲荷大明神があり奥の階段を上ると白虎隊のお墓のある広場(案内図上はB地点)につながります。

御朱印集めている人は飯盛分店に寄り道を

書置きではありますが和紙に金の文字で書かれた御朱印をいただくことができます。御朱印集めていらっしゃる方は立ち寄ることをお勧めします。

★注意★
ここでの注意は事前に固めのクリアファイルがあるとベターということです。そのまま、現物をいただくので折り曲がらないようにケースがあったほうが良いと思います。

★テクニック★
私も事前準備が不十分だったので御朱印いただいたあとの持ち歩きに困りました。一案ですが案内図にもあるスロープコンベアの麓に会津若松の観光マップがあるので、この固めの紙の観光マップに頂いた御朱印を挟んで持ち歩きそのまま観光しました。

「食べ歩き」や「歩きタバコ」は禁止

マナーです。注意しましょう。食べる場所などは食べログにも載っているお店があり、休んで食べれますので活用しましょう。