新田神社の年越の祓(2019年)に行ってみた


ランニングコースにもしている新田神社の年越の祓に行ってきました。

年越の祓の目的とは?

6月の夏越の大祓の行事と同じく、『精神的な心の罪穢れを祓い清める神事』です。私たちは本来神様と同じ魂(心)を生まれながらに持っているわけですが、生活をしていく間に様々な欲望などに触れ、知らず知らずのうちに、その魂が曇ってくるといわれております。それを祓】というものによって清め、本来の清らかな正しい心に立ち返らせることを目的とします。 

大祓の様子

15時から始まり30分程度で終わります。
また、当日の式の流れは神社で案内を頂けます。

当日参加できない場合も「形代(かたしろ)」に御家族の氏名、生年月日を記し、それぞれこれを手に持ち、身体を撫でて息を吹き掛けて、12月は30日迄に初穂料(お気持ち)を添えて、社務所までお届けることで、その折に除災の御神札を授与いただけます。
そして、大祓当日これらの「形代」を集めて神事を斎行いただき、災いを祓って明日への幸福・繁栄・発展を祈願いただけます。

私の実感(祓の効果)

2019年は八方塞の方位厄年だったのですが6月の大祓をうけて、『除災招福の御礼』を頂き家に飾ったあとは運気が好転した気がします。今回の年越の祓で新しい『除災招福の御礼』を頂いたので6月に頂いたお札はこのタイミングで新田神社に返納しました。
また、冷たい風や、初詣に係る旗が新年がやってくることを感じさせてくれる時間でした。

2019年の簡単な振り返り(私事です)

2019年は私事ですが、大きなイベントが多々ありました。悩んだ際、神社やお寺にお参りしながら良い歩みが出来たと思います。今年1年ありがとうございました★