久米島ダイビングポイントと海底の光景:親子岩編


久米島に2019年もダイビング&マラソンにやってきました。10月25日(金)に久米島空港についてすぐPick UPされてダイビングショップ(JiC久米島)へ。時間に余裕があったので久米島の食事処スリーピースで昼食をとってビーチダイブに向かいました。

ポイントまでの道のり

泊フィッシャリーナから船で久米島の南方に20分のところに今回のダイビングスポットである親子岩があります。25日はJIC久米島のお客が私だけだったので他のダイビングショップのクルーザ(SHIRAHAMA MIYABI)に相乗りさせてもらいました。

ダイビングポイントの親子岩

由来

その名の通り、ポイントに親と子となる岩がいます。ポイントに向かう島の南側は手付かずに近い?自然になっていて島の中かから近づきにくいので海の上から観れるのも良いと思います。

見どころは地形

マンタと言った大物がいたりするわけではないのですが地形をとにかく楽しめます。狭いところを散策してみたり岩場から入る光が幻想的な空間を作ってくれます。

人が通れるほどの大きな岩がゴロゴロしているので小さな魚を見ながら海底の大自然を満喫するには最高です★

魚が全くいないわけではないので定番のクマノミ(産卵あり)や魚の名前は忘れましたが魚群にも遭遇することができます。

伊豆ダイビングから4ヶ月ぶりでしたが思ったよりはすぐに慣れました。そして2Dive目からは去年までなかったマンタが出るスポットのマンタステーションに向かいました!